子供用の「銀行印」と運勢

イメージ画像

大人でもそうですが、「銀行印」を作るときに気になるのが運勢や開運です。
印相学という印鑑の印面から吉凶を占う方法がありますが、それによると「実印」には幸運、
「認印」には信頼といった意味合いがあり、「銀行印」は財運を表していると言われています。
また、こういった印相学などに基づいて、印鑑には「決まりごと」が存在します。

まず、直径ですが、これは「銀行印」に限らず、
男性用よりも女性用のほうが印鑑は小ぶりに作られるのが常。
直径の大きな印鑑は、女性の場合は運気が下がると言われているためで、
これは印面に彫刻される名前にも同じようなことが言われています。

彫刻する名前は、「銀行印」の場合、男性は姓のみ、
女性は下の名前のみを彫る場合がほとんどです。
これも印相学などに基づいており、
女性は下の名前だけで印鑑を作るほうが運勢が良いとされているためです。
ただ、これには実用性もあると思われます。
女性は婚姻によって姓が変わりますから、下の名前のみのほうが改印の手間も省けて便利です。

また、男女ともに「銀行印」では横書きが良いとされています。
これは、安定した横並びにすることで、
お金が上から下に流れていかないようにするためなのだとか。
このとき、文字は左から右へではなく、
昔の日本の横文字のように右から左へと読む方法が採られます。
もしも印相学を気にするのであれば、
開運印鑑などを作成している専門店に注文してみてはいかがでしょうか。

〔お役立ち!便利サイトのご紹介〕
印鑑の比較サイト《印鑑ネット》では、 印鑑の人気売れ筋商品をランキング形式でご紹介!
高品質で用途にあった印鑑を、リーズナブルなお値段で見つけられます!

このページの先頭へ