大切な財産を守る「銀行印」

子供イメージ

子供のために銀行口座を開設する親御さんが多いですが、中には生まれたばかりの赤ちゃんのために、すぐに口座を作る人もいます。
それは将来ためという意味もあるでしょうが、やはり記念のほうが大きいでしょう。
金額は少なくても、例えば誕生日に毎年お金を積み立てるなど、楽しみも増えるというものです。
口座開設には本人確認書類が必要なので、健康保険証が発行されれば、口座開設は可能です。
もちろん印鑑が必要になりますので、子供のために1本作りましょう。

親御さんが持っている「銀行印」などを併用するのは、セキュリティー面からも適していません。
万一、お子さんの通帳が盗難被害に遭った場合、同じ印鑑を使用していると親御さんの通帳にまで危険が及ぶ可能性があります。
成長したお子さんが、お金を引き落とすときに判子をなくしてしまったり、誰かに渡してしまうということも全くないとは言い切れません。

生まれたばかりの赤ちゃんに限らず、小学生や中学生になってから通帳を作っても、子供が最初に作る印鑑は「銀行印」という場合がほとんどです。
子供には「実印」は必要ありませんし、「認印」は自宅にあるものですよね。

ただ、子供の印鑑だからと、100円ショップや文房具店で大量販売されている「三文判」などを購入して与えるのオススメしかねます。
どんな印鑑でも、判子は判子。
大切な財産を守る「銀行印」だからです。
子供の銀行口座に登録する印鑑も、大人と同様に印鑑専門店などに手彫りのものを注文するようにしましょう。

〔オススメ商品のご紹介〕

まるでキャンディーのような透明感のある印鑑はいかがですか?
印鑑の内側にビーズやラメが入っているので、キラキラと輝きとてもきれいです。
プレゼントとしても大人気のおしゃれはんこです!

おしゃれはんこをお求めなら《キレイはんこ》へ

印鑑であると便利なおなまえスタンプ
http://www.amysusbornebooks.com/

市役所ナビ | 履歴書や職務経歴書はとても重要です
http://asoblab.jp/

ページの先頭へ